Death to Tennis new york

Death to Tennis new yorkデス・トゥ・テニス

2011年からスタートしたDeath to Tennis new yorkは共通の感性をもったイギリス出身のWilliam WatsonとVincent Oshinの二人がニューヨークで出会い立ち上げたブランド。
クラシックでコンテンポラリーなメンズウェアラインであると同時にユニークさ、そして”長く使い続けることができる”という高品質な点に重きをおいています。