ANATOMICA/アナトミカ

HISTORY

1994年、パリ4区の14 rue du Bourg-Tibourgに「ANATOMICA PARIS」はPIERRE FOURNIER(ピエールフルニエ)の手により開店しました。店名の源は古くはギリシャ語のANATOME、ラテン語のANATOMIAからピエール自身により創造された言葉です。ピエールは現代のセレクトショップの源となったショップ「GLOBE」と1979年にその延長上として「HEMISPHERE」を作った後に、これまでの既成概念を打ち破り、新たなANATOMICAの概念を成立しました。

  • ANATOMICA/アナトミカ
  • ANATOMICA/アナトミカ
  • ANATOMICA/アナトミカ

ENCOUNTER

ピエールは2008年に後のパートナーとなるデザイナー寺本欣児にパリで出会う。ピエールは当時寺本がデザインしたサイドシームの無いジーンズを見て感銘を受けた。その後、寺本はウエアのデザイン、シューズのデザイン、また店舗の設計や店舗の開発、紙袋やフラッシャーと呼ばれるタグ類まで、日本に於けるANATOMICAと関わる全ての事をピエールと共同で行い、このANATOMICAブランドと切っても切れない存在となる。現在はピエールがANATOMICAのディレクターとしてブランドの進行を指揮、寺本がそれを具現化し、共にANATOMICAL UTOPIAを目指している。

  • ANATOMICA/アナトミカ
  • ANATOMICA/アナトミカ
  • ANATOMICA/アナトミカ

CRAFTMANSHIP

既存のそれとは一線を画すフィッティングを重要視した普遍的で上質な物を作るためピエールと寺本が自ら試着を繰り返し、ミリ単位で修正を加え、ANATOMICAというスタイルを創る。本質的な部分での物作りに対する姿勢は変わらないため、めまぐるしく変化するファッションとは違い、何年にも渡って同じアイテムを作り続けています。

  • ANATOMICA/アナトミカ
  • ANATOMICA/アナトミカ
  • ANATOMICA/アナトミカ