Blundstone

Blundstone

2020.03.14 / BRAND

オーストラリア南東部に浮かぶタスマニア島。大陸から隔てられたこの島には、他に類を見ない豊かな自然が残されている。
19世紀、タスマニア島にはイギリスから多くの人々が移住してきた。Blundstone の創業者であるジョンとイライザの夫妻もまた、希望を抱いてタスマニア島へと渡った。そして、最大の都市であるホバートでシューズの輸入ビジネスを開始。後にタスマニア製レザーを用いたオリジナル製品の生産に取り組むようになる。まだ開拓途上だったこの時代、ブランドストーンのタフなブーツやシューズが、人々の足元に安心感を与えたことは想像に難くない。





第二次世界大戦下にはオーストラリア陸軍にブーツを供給していた事もある「Blundstone」。
その理由は、長く履き続けられるタフネスと足に負担をかけない快適な履き心地にあると言っていいだろう。





そのタフネスを支えているのは、堅牢なレザーアッパーであり、履き心地を生み出しているのは、伸縮性の高いサイドゴア。着脱がしやすいだけでなく、ゴムがさまざまな動きに対応することで、レザーブーツとは思えない動きやすさを実現している。





ソールは、加熱した素材を金型に流し、アッパーと結合させるインジェクション製法で取り付けられている。縫い目がないため、靴底から水が浸入しにくいという効果もある。また、グリップ力が高く、安定した歩行ができるのも魅力。さらに、かかと部分に採用された高性能なクッション素材、XRD®は、衝撃を効果的に吸収。





また、アウトソールには、水、油、細菌、酸などによる劣化に強いサーモウレタン素材をアウトソールに使用。140℃の高温にも耐えるなど、高い耐久性を備えている。





元来ワークブーツとして作られただけあって、熱や雨にも強く、アウトドアシーンではもちろんレインブーツとしても機能するようなスペックを誇る。





ロングセラーモデルの「#510 CLASSICS」、昨年よりリリースされた日本企画のショートモデル「#1610 LOW-CUT」の2型。カラーは「Voltan Black」、「Stout Brown」。








150年の歴史を誇る世界最古のサイドゴアブーツ「Blundstone」を店頭、オンラインストアにて是非ご覧ください。





《Blundstone の商品はこちら》

SHARE by

TWITTER FACEBOOK GOOGLE+

一覧に戻る