沖縄展 / OKINAWATEN

沖縄展 / OKINAWATEN

2018.04.18 / news

making your summer breeze

ダイスアンドダイスでは、 Re:luxeとRelaxをテーマにした沖縄発のハワイアンシャツブランド「ALOHA BLOSSOM / アロハ ブロッサム」、日本や世界の 各地から集めた手しごとを中心とした生活雑貨のお店「みんげい おくむら」、琉球王朝時代より伝わる伝統工芸「紅型」を 現代に伝える「加治工紅型工房」による“沖縄展 / OKINAWATEN” を開催致します。 当日は、琉球紅型「めで鯛」の型紙で作成した「MEDETAI」や「DICE」柄の新作アロハシャツ、みんげい おくむらセレクトの琉 球民芸など、沖縄ムードで素敵な商品の発売を予定しております。皆様のお越しを心よりお待ち致しております。

沖縄展 / OKINAWATEN
会期 : 2018年5月5日(土)~5月6日(日)
入場料 : 無料
参加 : ALOHA BLOSSOM / みんげい おくむら / 加治工紅型工房
発売 : アロハシャツ、琉球民芸、琉球紅型アートなど
場所 : ダイスアンドダイス 福岡市中央区今泉2-1-43 DXD bldg 2F
問合 : ダイスアンドダイス 092-722-4877 info@dicexdice.com



ALOHA BLOSSOM / アロハブロッサム
Where there is Re:luxe There is Relax
“luxe" とは、もともとフランス語やラテン語で、”贅沢”を意味する言葉。 高級ブランド品に限らず、自分が気に入った物や事、自分自身にとっての”贅沢”を見つけ出す事こそが ”真の贅沢”であると捉えています。
物事に対する価値観は十人十色、人それぞれである。 自分自身にとっての”贅沢”を探求・追求する事によって「Re luxe」即ち”真の贅沢”を見出だす事が 出来ると我々は考えています。
真の贅沢="Re luxe”が導く”Relax”こそがAloha Blossomが一番重要としているポイントです。
Aloha Blossomを身にまとう事で、何気ない日常が少しでもよりご機嫌になれるように、自分自身はもちろん、 あなたを取り巻く全ての人々がハッピーになれますように。あなたの心と身体を解放する”真の贅沢” へのお手伝いが出来る事が、我々Aloha Blossomにとっての喜びです。

みんげい おくむら
日本や世界の各地から集めた手しごとを中心とした生活雑貨のお店「みんげい おくむら」を営む。 「民藝=民衆的工芸」民藝は、1920年代半ばに柳宗悦が生み出した言葉です。
無名の職人が作った実用的な工芸品に、美術品に負けないほどの美しさがある、と柳は主張しました。 民芸には、用途を離れた鑑賞のための工芸品や美術品にはない健康な美があります。
みんげい おくむらは、今の時代、今の生活に合った「みんげい」を探し、提案していくお店です。

加治工紅型工房
加治工 摂 / かじく おさむ
2003年沖縄大学卒、びんがた組合後継者育成事業研修 終了
2004年知念紅型研究所 入社、(故)知念 貞男氏に師事
2015年退社、2015年加治工紅型設立
2016年~沖縄県工芸振興センター 紅型技術講師 紅型は、古くは琉球王朝時代に王族や士族の礼装・神事の服装等、上流階級の方々や特別な場で 身につけられたもので、彩色には主に顔料が使用されており、技法は大きく2つの「型染め」・「筒引き」 に分けられます。日本本土、中国、東南アジア地域との交流の中で染色の技術を学びとり、 先人方の様々な試行錯誤の中で昇華され発達し、その反物は他国との交易・贈答品としても重宝されました。 王府の崩壊、戦火と様々な困難の中消滅の危機もありましたが、多くの方々の弛まぬ努力により復興、発展し、 現代までその技法が伝えられています。 紅型は沖縄の長い歴史と風土、人々により育まれてきた、世界に誇る染め物です。

ALOHA BLOSSOMの商品はこちら

SHARE by

TWITTER FACEBOOK GOOGLE+

一覧に戻る